Abitus 米国公認会計士

Abitus米国公認会計士コース

アビタス講座説明会予約

国際資格取得スクールの講座説明会(セミナー)予約

 

講座説明会(セミナー)予約受付中

 



 

アビタスは米国公認会計士スクールの、国際資格専門校です。

 

>>Abitus・【講座説明会】詳細はこちら ←クリック!
(公式サイトURL:http://www.usedu.com/)

 

USCPA(米国公認会計士)は難易度は

 

独学で取れるのでしょうか。

 

米国公認会計士の資格なので英語がわかれば、
難易度は日商簿記1級くらいと考えてよさそうです。

 

しかし、USCPAを取得する難しさは日本で受験できないことにあります。
多くの方がハワイに行って受験しているようですね。

 

つまり、受験するだけで飛行機代や宿泊費がかさむのです。

 

通常は日本の公認会計士を取得してからUSCPAを取る方が多く、
ブログでも独学で勉強している方の記事を読むとイメージが出てくると思います。

 

日本でもキャリアアップのためにさまざまな年齢の方がチャレンジしています。
なぜならば、世界でももっとも認知されたビジネス資格だからです。

 

米国公認会計士の資格を取得したあとには
6割の方が会社や官公庁で財務や会計のスペシャリストになっているだけではなく、
最高財務責任者(CFO)として活躍されている方も一部います。

 

Abitus でも時間をかけて学習すれば合格できる試験。
モチベーションをキープするためにさまざなな工夫をしています。

 

日本と米国の公認会計士。難しいのはどっち?

 

米国公認会計士の正式登録には実務経験が必要ですが、
難易度は日本の公認会計士の方が難しいという評判です。

 

USCPAは英語が話せなくても取得できますが、
日本の公認会計士の資格を取得できれば
あとは英語の専門用語をまばべばUSCPAはさほど難しく感じることはないでしょう。

 

Abitusやグアム大学、TACなど専門学校の説明会に参加してみると
受験する人の雰囲気などもわかるので
気になる方は一度足を運んでみて!

 

>>アビタス受講生の生の声をみてみる

おすすめの再就職支援会社はコチラ

JACリクルートメント無料転職サポート メイテックネクスト無料転職サポート

英語・外資系転職に強い人材紹介。東京でもセミナーをたくさん行っていて無料で参加できます。同じ転職希望者と合ってモチベーションもUP!また、担当者にに合ってみたい!と思わせるレジュメ作成方法などは、かなり戦略的ノウハウが詰まっていると評判。
>>JACリクルートメント・詳細はこちら

エンジニア専門の転職支援。毎月300件以上の新着求人があり、サポートも元エンジニア。特に履歴書の添削や、失敗したときのフォローが評判です。日本の国体をささえるものづくりに特化した大手企業の求人一覧がずらり!
>>メイテックネクスト・詳細はこちら
ホーム RSS購読 サイトマップ