リテール営業の求人

リテール営業の求人

リテール営業とは個人向け営業です

金融機関のリテール部門への転職や求人ならば、
ヒューマンタッチという会社が仲介してれます!

 


 

 

そもそも、リテール営業の意味は?

 

かつてのリテール営業は、銀行で法人営業から、貯金の業務まで
ひとりですべてをこなしてきたような仕事だったようです。

 

しかし、今では意味合いがすこし違ってきています。

 

金融機関のリテール営業は個人顧客向けの営業となっています。

 

外勤に近いリテール部門が多いですが、
内勤に違い部門もあります。

 

いろいろな商品を提案する仕事ですが、個人顧客が相手なので
きちんと、何を求めているのかを把握して提案できる力も必要です。

 

お客さんが安心してしゃべってくれるような人柄ならば
魅力的な仕事でもあります。

 

もし、個人向け営業で成功できるならば、
ニュースキンやファインリッチなどでも成功できる可能性を秘めています。

 

自分ひとりで0から個人顧客を開拓できる能力はだれしも備わっているわけではありません。

 

はじめは電話から始まる営業方法が今だに主流ですが、
ある程度、会社でうまくリテール営業としてやっているベテランに共通しているのは
既存客からの紹介です。

 

これが一番効率がよく、ストレスなしに新しいお客さんを得る方法でもあります。
そのためには、ある程度、キーになる人物=コネクターと呼ばれる人と話せる人間力なども養いましょう。

 

それは部長さんだったり、社長さんだけではありません。
裕福な主婦の人が顧客だったら、
仲間内にあなたのことを紹介してくれる可能性も大となります。

 

だからこそ、一人一人のお客さんに合った商品を購入してもらい
さらに、支払った金額以上の満足感を感じてもらうことが大切なのです。

 

リテール営業の場合は個人向けの提案なので、
この口コミ効果は、大きく作用することになります。

 

初めてリテール営業に配属された新人は
電話アポイントからはじめるかもしれません。

 

はじめて自分の力でお客さんに購入してもらう経験。

 

これが、あなたのノウハウになります。

 

ベテランの先輩は同じ道を通ってきているのです。
営業の方法や強みはひとによりそれぞれ違ってきますので、
あなたに合った成功法則をみつけるのがキーポイントとなります。

 

売れる時期と売れない時期を知る

 

そうはいっても、どうしても売れない時期でもがくことを経験します。

 

何とやっても、どうしても目標数値にいかない・・

 

そんな時は、誰にでもあるものです。

 

いわゆるスランプです。

 

この時期のすごし方は人によって違ってきます。

 

ストレスで押しつぶされそうになるほど、プレッシャーを感じている人は
つぶれてしまう前に適当にサボることも大切です。
(自分を守りましょう。)
例え花形職種から左遷されてもあるがまま。なるがまま。という生き方もあります。それで道が開ける人もいるのは事実です。

 

一方、ある程度、エネルギーがある人は
このスランプのボトム期間で、もがくだけもがいて努力することをおすすめします。
なぜならば、ボトムの期間で努力したことは
次の上昇の波で倍々になって成果がでるからです。

 

ただし、無茶をして、悪いことをしないことが前提です。
無理やりうそをついて商品を購入させる人もいますが、
それは数年後にあなたに跳ね返ってきます。

 

これは因果の法則といいますが、詳しいことは割愛します。

 

あなた自身のやり方でリテール営業を成功できることを願っています・・

 


 

おすすめの再就職支援会社はコチラ

JACリクルートメント無料転職サポート メイテックネクスト無料転職サポート

英語・外資系転職に強い人材紹介。東京でもセミナーをたくさん行っていて無料で参加できます。同じ転職希望者と合ってモチベーションもUP!また、担当者にに合ってみたい!と思わせるレジュメ作成方法などは、かなり戦略的ノウハウが詰まっていると評判。
>>JACリクルートメント・詳細はこちら

エンジニア専門の転職支援。毎月300件以上の新着求人があり、サポートも元エンジニア。特に履歴書の添削や、失敗したときのフォローが評判です。日本の国体をささえるものづくりに特化した大手企業の求人一覧がずらり!
>>メイテックネクスト・詳細はこちら
ホーム RSS購読 サイトマップ